ホーム  >  お知らせ  >  会社設立30周年記念事業(ラオス小学校設立支援)

other

会社設立30周年記念事業(ラオス小学校設立支援)

会社設立30周年記念事業(ラオス小学校設立支援)

~プーサンニホンエイセイ小学校訪問・教材贈呈~
日本衛生株式会社 専務取締役 中川 卓美

 昨年は日本衛生が会社設立30年という大きな節目を迎えた年でした。
会社設立30周年記念事業として、平成20年から推進してきたラオス・プーサン村の学校設立も無事に終えることができ、設立した小学校は『プーサンニホンエイセイ小学校』と命名され、現在多くの子供たちが雨風をしのげる快適な新校舎で学んでいます。
今回はニチエイ基金設立時からご協力頂いているメコン基金の佐藤代表らと4人で昨年10月に現地へ赴き、新校舎で学ぶ子供たちと触れ合うと共にニチエイ基金より椅子と机100セットを寄付する為の贈呈式に出席してきました。
ラオス人民共和国は、国の収益としてメコン川の恵みで発電事業がある他はほとんど産業が発展しておらず、国民の約8割が農業で生計を立てています。
昨今ラオスの首都ヴィエンチャンではショッピングセンターが立ち並び、外面的には経済の活性化がみられていますがヴィエンチャンから車で1時間半離れたプーサン村を始め、近郊の農村部では20年前と変わらない生活が続き、地域間での経済格差が広がっています。
ラオスの子供たちは仕事の働き手として幼い頃から働かなければ生活できず、中には小学校へも通えずに家の仕事を手伝っている子供も多く、勉強したくても教育を受けることができない環境にあります。
資金や食物等物資の援助は日本や他国からも頻繁に行われていますが、他国からの援助に頼るばかりではラオス国民が自分たちの力で国を建て直すことはできず、支援を受け続けることになります。
私達は、その厳しい生活環境の中でも子供たちに勉強できる環境と希望を与え、学校建設によりその国の子供たちが自ら学び、自立していくことが不可欠であるという考えからニチエイ基金を立ち上げ、学校設立支援を進めてきました。

プーサンニホンエイセイ小学校訪問では、当日子供たちに私達が来ることは知らされておらず、教室の外窓から子供たちの授業風景を見る事ができました。子供たちの真剣な眼差しで先生の話を聞き一生懸命勉強している姿を見て、学校を建てることができて本当に良かったと改めて感じました。
 贈呈式では椅子・机の他に、今回現地訪問に同行してくれた福山社長の御嬢さんである由花さんからは、社長から託されたボールペン300本と事前に由花さんが子供達の為に心を込めて作った、手作りのバレッタ(髪どめ)を女子生徒全員にプレゼントし、子供たちは大変喜んでくれました。そして子供たちからは心のこもった花束をプレゼントして頂きました。

生徒から花束の贈呈

最後にバーシーの儀式(出会いと幸福と健康と旅の無事を願う儀式)が執り行われ、私達の旅の安全と健康を祈ってくれました。
現地の子供たちと触れ合い、子供たち一人ひとりのつぶらで澄んだ眼と純粋な笑顔がとても印象的で、今後もこの子供たちを支援していきたいと強く想いました。

バーシーの儀式

~タイの里子支援~

小学校の子供たちと

 ラオス小学校設立支援と並行して進めてきたタイの里子支援について、今回プーサンニホンエイセイ小学校訪問と合わせてニチエイ基金設立時から援助してきたコーコン中学校6年生(日本でいうと高校3年生)のナッテイダー・ブルサイさんの自宅にも訪問させて頂きました。
 ナッテイダーさんは、バンコクから北東へ615kmに位置するノーンカーイ県に住んでいます。ノーンカーイはメコン川を隔ててラオスと国境を接し、ラオスの首都ヴィエンチャンへの入り口にもなり、農業と淡水漁業が盛んで現在も農民の昔ながらの生活様式を見ることができました。
 ナッテイダーさんの家はトタンとブロックを組み合わせた壁と屋根、床は地面むき出しの小さな家で父・弟の3人家族で暮らしていました。父親は重い糖尿病を患っているため重労働はできず貧しい生活環境が伺われました。
 ナッテイダーさんは、これまで援助してくれたおかげで高校を卒業することができたこと。将来は看護師になりたいと思っており、看護の勉強をするためにできれば大学に進学したい思いを持っていることを語ってくれました。そして、改めてこれまで援助して頂いてありがとうございました。本当に感謝しています。と皆さんを代表して感謝の言葉を頂きました。 

 タイは身分階級がはっきりしており、経済格差が激しい国です。都市部には富裕層が多く、近代的で豊かな生活を送っています。しかしタイ北部の農村部では、不安定な降雨とやせた土壌のため収益性は安定せず借金をしなければ生活できない農民が多くその生活はとても貧しいもので、教育を受けさせる資金が無くここでも子供たちは労働力として働き生計を支えなければ生活できない環境にあります。そのため、ほとんどの子供が高等教育を受けることができず、現在も多くの教育難民がいる現状にあります。
 今回ナッテイダーさんのお宅を訪問し、生活状況を拝見させて頂き、今後も教育を受けられていない幼い子供たちを広く支援する必要性を感じました。

ナッテイダーさんと父親                ナッテイダーさんの自宅内の様子

 今回プーサンニホンエイセイ小学校とタイの里子支援をしてきたナッテイダーさんを訪問して、これまで支援してきたことが活かされていることを感じ、今後の発展に結びついていって欲しいと願うと共にまだまだ支援が必要であることを実感しました。

佐藤代表 お疲れ様でした

 現在日本は東日本大震災という未曾有の災害に見舞われ、被災地では今も家に帰れず、不明家族を探し満足に食事もできない状況にある人が沢山います。
 被災地の一日も早い復興を願うと共に、一人ひとりができる支援を行い、支援の輪を広げ、日本全体で復興へ向けて歩んでいくことが必要だと考えます。また、その想いは私たちがおこなってきたラオスやタイの支援へも結びついていくと考えております。
 今後は東日本大震災の被災地の皆さんに対しても何らかの支援をおこなっていこうと考えておりますが、これまで続けてきたプーサンニホンエイセイ小学校やタイの里子支援も続けていきたいと思っています。