ホーム  >  お知らせ  >  「プーサンニホンエイセイ小学校」にトイレ棟を寄贈いたしました。

other

「プーサンニホンエイセイ小学校」にトイレ棟を寄贈いたしました。

日本衛生株式会社創立30周年記念事業の一環として、平成20年より「ニチエイ基金」を設立し、ラオスのプーサン村に「プーサンニホンエイセイ小学校」の校舎を建設いたしました。以後、毎年の定期視察訪問の上、メコン基金を介して学校側の要望等を伺いながら支援活動を行ってまいりました。
昨年度は、給水が手押し式ポンプで負担となっていましたので、電動式高架水槽給水ポンプを寄贈いたしましたが、今年度は、これまで360人を越える先生・生徒に対して、屋外のトイレ棟が1ヶ所(3個室)しかなく大変不自由な状態でしたので、トイレ棟を寄贈することとしました。

左側:新トイレ棟、右側:プーサンニホンエイセイ小学校

      左側:新トイレ棟               右側:プーサンニホンエイセイ小学校

新トイレ棟 寄贈式に際して、生徒達があたたかく迎えてくれました。 ソンバット校長先生(真ん中)より感謝状をいただきました。

新トイレ棟

寄贈式に際して、生徒達が
あたたかく迎えてくれました。

ソンバット校長先生(真ん中)より
感謝状をいただきました。
(右側:メコン基金 佐藤代表)

※ソンバット校長先生謝辞(要約)
今日は遠いところを来ていただき有難うございます。
日本衛生株式会社並びメコン基金の方々に今までいろいろな援助をいただき、子供たちがより良い環境の中で勉強ができることに感謝しております。昨年の給水設備に続きトイレを建てていただき、生徒が便利で健康的な生活を送れるようになりました。
今後も、いただいた学校・給水設備・トイレを大切にし、永く使えるようにいたします。