ホーム  >  お知らせ  >  「水道GLP」認定を取得いたしました。

other

「水道GLP」認定を取得いたしました。

 弊社、環境分析センターは水道水質検査の更なる高い精度と信頼性を確保する目的として、公益社団法人日本水道協会水道GLP認定委員会による厳正な審査を経て、北海道内では札幌市水道局、旭川市水道局、釧路市上下水道部に次ぐ4番目、道内の民間企業では初めてとなる水道GLPの認定を取得しました。
 環境分析センターは、昭和56年の会社創立当初より建築物の環境衛生業務を通じて、飲料水の水質検査業務を主として行い、平成14年より検査業務の品質保証を確立するため、ISO9001・2000の認証を取得(平成21年まで継続)、平成15年には北海道内の民間企業で第1号となる、水道法第20条水質検査機関の指定を厚生労働省から受けました。(現在、規制緩和により登録機関に移行)また、計量法に基づく計量証明事業(濃度)においては、環境計量士4名を配置し、環境分析における品質の向上を得ることに努めてまいりました。
 今回の認定取得に伴い、第三者機関からの評価を受けることで、水質検査結果の高い精度と信頼性がより確かなものとなりました。

水道GLP(Good Laboratory Practice:水道水質検査優良試験所規範)とは、公益社団法人日本水道協会が平成16年9月に品質管理の国際規格である「ISO9001」と「ISO/IEC 17025」を基に、水道事業体や水質検査機関の検査精度と信頼性の確保を目的として策定され、水道水の水質検査に特化した認定規格です。全国では105の水質検査機関が認定を受けています。
(平成26年3月1日現在)
JWWA-GLP106水道GLP認定証


  認定機関:公益社団法人 日本水道協会


  認定番号:JWWA-GLP106


  認定範囲:水道水質基準項目 水道水・浄水・原水


  認 定 日:平成26年3月25日