ホーム  >  お知らせ  >  ICP-OES(誘導結合プラズマ発光分光分析装置)を導入しました。

other

ICP-OES(誘導結合プラズマ発光分光分析装置)を導入しました。

誘導結合プラズマ発光分光分析法は、液体または固体サンプルに含まれる微量または少量成分の溶液を高温のプラズマに噴霧し、各元素を原子化し発光させ固有の波長で測定する装置です。

 特  長:アキシャルビュー分析とラディアルビュー分析
      を同時に実行する事による分析時間の短縮とガ
      ス消費量の削減を実現。多元素同時分析が可能。

 応用範囲:飲料水、環境水、工場排水、土壌汚染対策法に
      基づいた土壌の溶出量試験及び含有量試験に係
      る重金属等