ホーム  >  お知らせ  >  「プーサンニホンエイセイ小学校」に定期訪問しました

other

「プーサンニホンエイセイ小学校」に定期訪問しました

  日本衛生株式会社創立30周年記念事業の一環として、平成20年より「ニチエイ基金を設立し、翌年4月にラオスのプーサン村に「プーサンニホンエイセイ小学校」を建設寄贈。以後、毎年現地を訪問し支援を続けており平成22年には高架水槽給水ポンプ、平成24年にはトイレ棟などを寄贈してきました。
  今回の訪問では、弊社取締役の山本が小学校を訪問し、3年計画で進めている図書館建設の進捗状況の視察と建設に係る3回目の支援金贈呈、並びに学校生徒達の自宅訪問などを行いました。

昨年の支援金に対しての感謝状(ソムポン校長)と歓迎セレモニーの様子(生徒達とカオロー村長)
  今年の支援につきましては、学校へ図書館建設に係る支援金20万円(現地通貨1,450万キープ)と生徒達へ、ノート300冊とボールペンと折り紙。折り紙については500枚の他に、取締役のご家族が丹精込めて折った、鶴200羽、風船100個、兜100個を日本から持参しプレゼントしました。また、先生へは授業で使用する教材をプレゼントしました。。
  3年計画の図書館建設については、基礎と柱を初年度に、次年度に屋根と壁、次々年度に内装などの予定でしたが、工事が遅れており今回の訪問では屋根のみが取り付けられていました。事情を伺うと、職人の人件費と材料費が予想以上に掛かり現在に至っているとの事でした。学校側へは、工事業者との交渉を行い、今回の支援金で壁や内装を仕上げ完成出来るよう改めてお願いをしました。
昨年の様子 今回訪問時の様子
学校のグラウンドで生徒達と記念撮影

  今回の訪問を通じ感じた事は、学校や現地の生活環境等を肌で感じ、子供達と接しなければこの感動は解らないと思います。定期的に訪問し継続することが、本当の意味での支援活動だと感じました。
出来る事なら自分の子供達にニホンエイセイ小学校の生徒達と触れ合わせ、何かを感じ取ってもらいたいという気持ちで学校を後にしました。
  是非、機会がありましたらまた訪問したいと思います‥。

日本衛生株式会社  山本  秀雄